就活や転職、採用、ブラック企業についてなど「働く」に関する情報をお届けします。

就活・転職ラボ

就活・働き方コラム

グループディスカッションでは「発言して目立て」と、的外れな攻略法が信じられている理由。

投稿日:

目立とうとする就活生

大手企業を中心に、多くの企業の選考で取り入れられているグループディスカッション。

大勢のエントリー者を効率的にふるいにかけられるため、就活生に人気のある企業でよく取り入れられています。

 

このグループディスカッションを通過するために、よくアドバイスされるのが「印象に残るようにたくさん発言すること」です。

でも、実際はこの通りにしたから、必ずグループディスカッションを通過できるとは限りません。それどころか、アドバイスを信じて無理に発言を増やそうと空回りして、逆に選考に落ちる可能性さえあるのです。

 

では、なぜそんな誤解を招くようなアドバイスが、世間には出回っているのでしょうか。

 

グループディスカッションを実施する企業の狙い

その答えを理解するためにはまず、そもそも企業がどんな狙いでグループディスカッションを行っているのかを知ることが重要です。

単に学生の「素」を見たい、といった理由からグループディスカッションを行う企業もありますが、本来の狙いは、学生の「自己認知力」を見ることです。

 

自己認知力とは、自分で自分のことを理解する能力のこと。

たとえば、怒りっぽい性格の人、せっかちな性格の人、いますよね。でも自分で自分の性格に気が付いていれば、人前ではそれを抑えることができます。ようは大人としての振る舞いができるということです。

 

企業では自分の強みと弱みを自覚して、チームワークを発揮することが求められます。集団のなかで自分の役割を見つけて、その役割を果たしていくためにも自己認知力が必要なのです。

 

企業は、学生のどんな行動から、自己認知力を見抜いているのか

ディスカッションをする際、学生はグループ内でそれぞれに役割を果たすことになります。

グループをまとめるリーダー。

議論の内容を書き留める記録係。

時間をはかるタイムキーパー、等々。

 

これは最初に役割をすべて決めてしまうこともあれば、記録係以外については話し合いの中で、徐々に暗黙の了解として決まっていく場合もあります。

 

ここで、「リーダー役をこなすと企業ウケが良さそうだ」と思って、無理に議論をまとめようとして失敗する学生がいます。

まわりの人が納得していないのに、無理に話をまとめようとする学生の姿は、企業にどう映るでしょうか。

自分勝手に見えるはずです。

自分の置かれている状況を理解せず、リーダーという役割に固執するその姿こそが、自己認知力の低さを物語っています。

 

1対1の面接では上手く取り繕えても、ライバル達と同席して議論するグループディスカッションでは、学生の本質が露呈します。

上手にリーダー役をこなす人が同じテーブルにいたとしたら、周りの学生は「この人が受かって、自分は落ちるかも!」と、焦って思わず「素」が出てしまうんですね。

 

自分ができていないことに自分で気づけない人は、「成長する可能性が低い」と判断されます。新卒採用はポテンシャル採用ですから、成長の可能性が低いと判断されるのは致命的です。

多くの企業が選考にグループディスカッションを取り入れるのは、自己認知力の有無を通じて、学生のポテンシャルを判断できるからなのです。

 

発言量は、多ければ良いものではない

ここまでの話を総合すれば、いたずらに発言してもNGということになります。

実際そうです。まったく意見を出さないのは問題外としても、時間内ずっと意見をいいっぱなしの人は受かりません。

相手の意見を傾聴して、聞いた意見をもとに次の自分の意見を相手にぶつける。この繰り返しで議論は深まります。一方的に話すだけの人は、少なくとも、企業での仕事には向きません。

 

ではなぜ「発言して目立て」というアドバイスが出るのでしょうか?

 

面接官のスキルの低さが、結果を捻じ曲げる

グループディスカッションでは、各テーブルに評価者となる先輩社員が同席するのが一般的です。

学生には、とても大人で優秀な社会人に見えていることでしょう。憧れの企業の先輩社員ですから無理もありません。

ですが、そんな彼らも、面接官としては「素人同然」だということを忘れてはいけません。

 

グループディスカッションのように人手が必要な選考には、人事以外の部門から駆り出されて来る社員も多く参加します。普段は人事とはまったく別の仕事をしているのですから、正しく学生の能力を見極めるのは困難なはずです。

 

4~5人のしかも初対面の人の話す内容を把握して、正確なジャッジを下すのは至難の業です。実はグループディスカッションは、採用選考のなかでも実施難易度の高い手法なのです。

 

だから結果的に、「明るく元気のいい学生」が選ばれてしまうだけの選考になりがちです。自己認知力はあるか?といったテクニカルなチェックはせず、評価者の印象で合否を決めてしまうのです。

 

これでは、そもそも評価者の印象に残らなかった時点でアウト、ということにもなりかねません。

「発言して目立て」というアドバイスは、グループディスカッションの、こんな実態からきています。

 

実態を知った上で、どう対処するかが重要

結論から言うと、「発言して目立て」は正しいことになります。

多くの企業で、正しいグループディスカッションが行われていない実態がありますので、評価者の印象に残る努力を最大限する必要があります。

 

しかし、上記の事実を知っていれば、「目立てなければ終わり」と思い込んで、やみくもに発言して自爆することは、なくなると思いませんか。

 

考えるべきは、ディスカッションが実りあるものになるために、いまこの場には何が必要かを考え、実践すること。

タイムキーパーがいないと思えば、その役割を買って出るのも良いでしょう。批判的な意見を入れて議論を盛り上げる必要があれば「逆に~」と、あえて反対意見を投げかけるのも有効でしょう。

 

グループディスカッションに方程式のようなものがあるとすれば、それは

「自分の能力」×「その場に必要なこと」

の掛け合わせではないでしょうか。

前者を自覚するのは自己認知力。後者はいわゆる「空気を読む力」です。

柔軟にこのバランスをとれる人が、企業からは求められています。

 

<記事の参考書籍>

Pocket
LINEで送る

<スポンサーリンク>

就活・転職に役立つ、マイナーサービスご紹介

リクナビ・マイナビ以外にも、世の中には就活・転職に使える様々なサービスがあります。そのいくつかをご紹介します。

リクルートが運営する就職カウンター◎大学生から第二新卒、フリーターまで20代の若者の就職をサポート

リクナビでお馴染みのリクルートが運営する、若者向けの就職カウンター。実際に訪問取材した企業の求人のみを扱うので、効率的にたくさんの企業の情報を収集可能。キャリアコーディネーターとの面談で、自分にマッチした職種や業界などのアドバイスをもらえます。●学生さんから第二新卒の方、フリーターさんまで、20代の方をメインにしたサービスです。●店舗:東京(東京都・新宿・立川・横浜・千葉・さいたま)・大阪・京都・神戸

企業の選考のためではなく、学生さんがピッタリの企業を見つけるための適性検査(無料)×求人検索サービス

『Future Finder』では、企業が学生を見抜くための性格分析ではなく、「ピッタリの就職先を見つけるため」の診断テストを受験できます(無料)。さらに診断結果をもとに、あなたの強みを活かせる企業や性格にあった社風の企業情報を案内してもらうこともできます。

-就活・働き方コラム
-, , ,

Copyright© 就活・転職ラボ , 2017 AllRights Reserved.